2015年7月24日金曜日

くら寿司の、やけにアンビエントなBGMが気になったから

くら寿司へ良く行く。
週一回くらい、くら寿司へ行き、寿司を喰らう。

くら寿司とは言わずもがな、全国チェーン展開している回転寿司屋である。
見回すとその客層は幅広いことが分かる。家族連れ、子どもの叫び声があがる。サークル帰りの大学生グループ、ウェイウェイ嬌声をあげる。スウェットのカップル、無言である。しなびた老夫婦、流れる皿に目もくれずスタッフを呼ぶ。ひと皿100円からという世界はグルグルと混沌としており、楽しいのに拭えない日常臭さがグルグルと混ざりあう。なんとも言えない独特の空気の対流を生む。
勿論わたしも例外でなく、疲れたアラサーの社会人という立場でその回転の一部に混ざりあっているのだ。

ここ一〜二年くらいか、そのくら寿司にさらなる異変が起きている。というのも、そのBGM。やけに、アンビエントな音楽が流れているのである。

シンセサイザーの音に、水や風の自然を利用した効果音。浮遊感があるそのメロディは、そのまま浮遊して行って、大気圏を超え宇宙まで到達してしまうような、バッキバキのアンビエントな音楽なのだ。
なんだろう、この音楽は?
なぜ、くら寿司でこんなアンビエントが流れているのか?

 
ところでそもそも、最近良く聞くようになったがアンビエントとは何だろう。

”アンビエント(ambient)は、英語で「周囲の」、「環境の」という意味。”
Wikipediaより
 
ちまたじゃ若い子がアンビエントがアンビエントがと口を揃えて言う音楽、本当にアンビエントが分かっているのかと問いたい。わたし?わたしは勿論アンビエントのことは良く存じております。
ただ残念ながら、アンビエント・ミュージックはアンビエントであるがゆえに、そもそも簡単に言葉じゃ説明できないものでございます。
え?じゃあアンビエントの代表アーティストをあげてみろって?

えぇ〜と、その、
あれは何て読むのかな、ア、ア、アーフェックスツインとかですかね。
 


▲Aphextwin

ごめんなさい。知りません。アンビエントが何たるかなんて分かりません。
「良く分からないけどなんか浮遊感があって格好いい音楽」は全部アンビエントだと思っています。でも、あながち間違ってもないとは思います。

それにしてもアンビエントはズルい。アンビエントという響きからそもそもずるい。格好良さが滲み出ているからズルい。

例えば、
女「音楽やってるの?どんな音楽??」
男「アンビエントかな」
これだけで格好良くなるからアンビエントはズルい。

女「えー!なんか良く分からないけど格好いいね!」
必ずこんな会話が繰り広げられるから、アンビエントはズルい。

わたしもアンビエントをもっと理解したい。そして格好良くなりたい。
そう思った私は、youtubeの検索窓に(アンビエント)と入力し上から聴いていくことにする。便利な世の中になったと思う。youtubeを流すだけでアンビエントを聴くことが出来るようになったんだから。そうして聴いた音楽がAphextwinである。
「Aphextwin?あー聴いたことあるよ」と言えるのだからyoutubeは便利である。ただし読み方は調べておかないと、先ほどのような失態を晒すことになるので注意は必要だ。


さて、話をくら寿司に戻そう。
くら寿司で流れるアンビエントなBGMに気付いてから、気になって気になってしょうがなくなった。あのアンビエントは何なのか?
こうなっては寿司は喉を通らない、変わりに平日限定かけうどん(130円)を啜りながら、googleの検索窓に(アンビエント/くら寿司)と入力した。

しかしながら有力な情報は出てこない。ツイッターやヤフー知恵袋でも調べてみるが出てこない。
その間にも、くら寿司のアンビエントは流れ続ける。皿が流れるのとアンビエントが流れるのがリンクして、もはや居てもたっても居られなくなったが、あと一枚だけとびっくらポンの為に寿司を食べた。びっくらポンは外れた。
流れる寿司には手が届くが、流れるアンビエントには手を伸ばせば伸ばすほど浮遊して遠ざかるのだ。

お会計の時に、店員に聞いてみようかと思った。でも、きっとこの可愛い新人アルバイトに聞いても、ええっと、と言って困るだけだろうし、きっとそこに居る先輩アルバイトがあとから「お疲れ。マジで変な人が沢山来るけど、相手にしちゃだめだよ」なんて優しく言って、アンビエントな関係に発展しかねるのでそのまま帰った。

家に帰って、PCからくら寿司のサイトを開く。
さすがに自サイトからであれば何か情報を得られるだろうと思ったのだが、それは間違いで、結局どこにもアンビエントについての記載はなかった。
八方塞がりだ。不穏なアンビエントが頭に鳴り響いているようだった。気になってしょうがない。誰か、誰かー!お客様の中にアンビエントに詳しい方はいらっしゃいませんか?ああ、ありがとうございます、教えてくださるのですね。これは、一体アンビエントの何ビエントなんですか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

気になりすぎた私は、ついにお問い合わせ窓口をノックしてしまいました。ごめんなさい。
投稿メールにはめちゃくちゃ丁寧な文章を書きましたので、聞く前に結構調べたけど分かりませんでしたので、許してください。


数日後、くら寿司から返答が来た。それはとても丁寧な、アンビエントなメールでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
当店の店内BGMについては、USENを利用して「ヒーリングミュージック~癒しの音楽~」チャンネルの音楽を放送させていただいております。
 少しでもお客様に気持ち良くお食事いただければという思いから、音楽の選定をしております。



▲宮下富実夫 「神」

これだ!!!!!!
くら寿司!アンビエント!くら寿司!アンビエント!!


▲宮下富実夫 「大」

宇宙!寿司!アンビエント!宇宙!寿司!アンビエント!
宇宙!寿司!アンビエント!宇宙!寿司!アンビエント!!!!


謎は全てとけた。
故 宮下富実夫の音楽だけが延々と流れるU-SENのC-19「ヒーリングミュージック~癒し音楽~」のチャンネルが、くら寿司のBGMの正体だったのだ。


▲宮下富実夫 「神秘」

アンビエントアンビエント言うてたけど、一応分類ではヒーリングミュージックになるらしい。でも、アンビエントというものがそもそも「良く分からないけどなんか浮遊感があって格好いいもの」だと私は捉えていたので、あながち間違いではないだろう。

この宇宙のような宮下富実夫を聴いていると、家に居てもくら寿司にいるような気分になる。口の中が酢飯で満たされるような、きゅんとした気分になる。

くら寿司とは宮下富実夫。宮下富実夫とは宇宙。
つまり、くら寿司とは宇宙なのである。


~~~~~~~~~~~~~~~

今も、週一回くらい、くら寿司へ行き、寿司を喰らう。
宇宙を感じながら食べるアンビエント寿司の味が、最高に好き。

2 件のコメント: