2014年11月26日水曜日

国内未承認の痩せ薬 ゼニカルについて【ダイエット】

先日、飲み屋でダイエット薬を個人輸入で入手し使用している方の話を聞いた。
そのダイエット薬とは「ゼニカル」という薬だ。

薬効成分はオーリスタット。脂質の分解を行うリパーゼの働きを抑制することで、食事によって体内に取り込んだ脂肪分を吸収せずに体外へと排出するという作用を持つ。一回の食事で30%の脂肪分が便として体の外へと排泄されるため、ダイエットに効果的だというものだ。

だが、実際はどうなのだろうか?


メリット
・非中枢性であること
やせ薬で有名なマジンドール(サノレックス)はその依存性と耐性発現が難点だったが、この作用経路においてはその問題がない。

デメリット
・下痢、易放屁、栄養失調、肝障害等の副作用
言わば消化不良の状態を引き起こすため、下痢などの症状が起きやすくなる。軟便と油脂性便によって、便を漏らしたり放屁とともに油便が排出されることも多々起き、その後始末が大変だ。
また、脂肪吸収抑制によりビタミンA・D・E・Kなど脂溶性ビタミンの吸収抑制からのビタミン欠乏症の発生も容易に考えられうることである。

・日本未承認であること
これは大変リスクが高い。
入手経路は医師による自費治療か個人輸入となり、勿論保険も効かないため高額である。その為個人輸入を選ぶ方が多いだろうが、その薬の安全性は保障されていない。どれだけ重篤な副作用が起きた際でも副作用救済制度が適応されないというのは大変怖いものだ。最終的には自己責任、という訳である。



以上を考慮すると、
 生活習慣改善における補助的な役割として使用する
 医学的判断の元服用する
のであれば他国での実績もある為その効果は充分期待できるといえるだろう。

しかしながら、いわばこの薬で期待できるのはカロリー制限だけの話で、
オマケに入手経路も副作用対策も大変と来たら、
 薬だけで痩せようとする「ものぐさ」で太った人は確実にリバウンドする
のが目に見える。

0 件のコメント:

コメントを投稿